レイク以外も銀行と関係があるの

レイクのように銀行カードローンは、株式会社新生銀行と協力体制やパートナーシップを持ちながら、お金の貸し出しや融資をしているのです。

 

つまり、1社でビジネスをするよりは、自社のメリットを引き出してもらえる、または足りない部分をカバーしてもらうために、他社と協力体制を取りながらビジネスをした方が、いい場合がとてもあるのです。

 

その1つがレイクと株式会社新生銀行の体制になる、というわけです。(株)新生銀行は当然銀行をしていますので、お金の取り扱いに関してはプロともいえます。レイクはお金の貸し出しにおいて、創業してから50年以上経過しているプロともいえます。

 

また、融資に関するサービスの提供もレイクはプロともいえるわけですね。そしてあわせて今は、このように協力体制がないと、生き残ることができない時代、ともいえるわけです。

 

では、このようにレイクは(株)新生銀行と協力体制になっていますが、レイク以外の金融会社もこのような協力体制でしているところはあるのでしょうか?

 

実は、このようなケースはレイクだけではなく、テレビCMや街中でも見かける有名な消費者金融会社も銀行と協力体制やパートナーシップを持ちながら、ビジネスをしているところは多くあるのです。

 

その1つにモビットは三井住友銀行グループの1企業として、協力体制をとっているのです。他の消費者金融会社でも、このようなところは珍しくないのです。

 

それだけ銀行もそして消費者金融会社もサービス強化に力を入れているのです。