銀行と消費者金融会社の違いはあるの

お金を借りられるところといったら、あなたは何を真っ先に思い浮かべるでしょうか?

 

おそらく、今ここで書いている内容から、レイクなどの銀行カードローンを思い浮かべた方もいると思います。そして、レイクは株式会社新生銀行と業務提携やパートナーシップを取っていることから、銀行を思い浮かべた方もいるかもしれません。

 

他にはクレジットカードを使用していましたら、クレジットカードのキャッシング機能を思い浮かべた方もいるのではないかと思います。他にはそのような会社などからではなく、あなたの知り合いからお金を借りる、というのも出たかもしれません。

 

では、もしかしたら気になっている方もいるかもしれませんが、銀行と消費者金融会社というのは、何か違いはどこかにあるのでしょうか?

 

銀行と消費者金融会社も、どちらもお金を取り扱っているところになります。でも、どう違うのかがハッキリとよく分からない、というところがあるかもしれませんね。これは法律によっても違いはあります。

 

銀行の場合には銀行法という法律を元にしてビジネスをしています。では、消費者金融会社というと、貸金業法という法律を元にビジネスをしています。

 

そのためどちらもお金を取り扱っていても法律の違い、会社形態の違いにより制限事項、できるビジネスの範囲なども決められているのです。

 

分かりやすく書きますと、銀行から預金サービスを外して、お金の融資だけを専門にしているのがレイクなどの消費者金融会社になるのです。